生理痛、生理不順、PMS、妊活、冷え性、更年期、ホルモンバランスに悩む女性のための今日からできる体質改善・生活習慣・食生活のヒントをお伝えしている。

子宮の専門家|妊活、生理痛、生理不順、冷え性、更年期に悩む女性のための体質改善のヒント

【子宮】体質改善 【子宮】冷え性 【子宮】妊活

【妊活の知識】カフェインってどうしてる?

更新日:

妊活している方、これからされる方
沢山の「身体にいい事」を検索すると思います。

妊娠中のカフェインの取りすぎは良くない。
と、言う事は聞いたことあると思います。

 

じゃぁ、妊活中は?
皆さんはどこまで気にかけていますか?

 

子宮小町アドバイザー
吉本 悠由子です

カフェインと聞いて
頭に浮かぶのはコーヒーや紅茶かも知れませんが・・・
他の飲料水にもカフェインが含まれているものはたくさんあります。

それを知らないで、がぶ飲みしている方が
要注意!!

カフェインを含むドリンク

✔緑茶:30mg
✔煎茶:30mg
✔玉露:180mg
✔ほうじ茶:30mg
✔烏龍茶:30mg
✔玄米茶:15mg
✔コーラ:35~50mg
✔ココア:30~50mg

飲み物だけじゃありません
チョコレートにもカフェインは含まれています。

上記はコンビニなどで普通に売られていますね。

コーヒーだけが悪の様になる場合がありますが
気にすれば、色々なものにカフェインは入っているんです。

そもそも、なぜカフェインの取りすぎは良くないの?

食品には「陰性食品」と「陽性食品」があります。
コーヒーや緑茶は「陰性食品」になります。
コーヒーや緑茶に入っているカフェインは、
眠気覚ましなどには効果的ですが、身体を冷やす性質があります。

妊活の方には特に「陽性食品」を意識してとってもらいたいです。

その辺については、また詳しくお伝えします。

今では、コーヒーショップなどでも
ディカフェ(カフェインを除去したコーヒー)を
注文する方も増えてきましたね

コーヒー好きの方は
ディカフェを注文するのもいいと思います。
個人的には、スタバのディカフェは美味しいです。

妊活に関係なく、健康上
なんでも取りすぎは良くありません。

ストレスなく、身体の事を考えながら
少しずつ、取り入れていく事が大切だと思います。

あまり、神経質にならず
自分の身体の変化を楽しみながら
身体に優しいものを取り入れて欲しいです。

-【子宮】体質改善, 【子宮】冷え性, 【子宮】妊活

Copyright© 子宮の専門家|妊活、生理痛、生理不順、冷え性、更年期に悩む女性のための体質改善のヒント , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.