生理痛、生理不順、PMS、妊活、冷え性、ホルモンバランスに悩む女性のための今日からできる体質改善・生活習慣・食生活のヒントをお伝えしているブログ。

子宮小町アドバイザー|生理痛、生理不順、冷え性に悩む女性のための体質改善のヒント

ティーセミナー

2019年
1月26日(土)13:00〜15:00
2月9日(土)13:00〜15:00
2月23日(土)13:00〜15:00

東京都千代田区
イスト・ヴィレッジ内サロンルーム
(@馬喰町駅、小伝馬町駅、神田駅、秋葉原駅徒歩圏内)

 

あなたの子宮コンディショニング管理できてますか?

✔生理不順で今の体調や将来の出産が不安
✔生理痛が重すぎて、毎月の生理が憂鬱
✔PMSがあり生理前の体調が不安定
✔生理のたびにひどい肌荒れに悩まされる
✔何をしても冷え性が改善されない

こんなお悩みありませんか?

 

女性にとって月一回必ず訪れる「生理」

皆さんは、どのように生理時期を過ごしていますか?

毎月来る生理を、ただ煩わしいと思っていませんか?

世の中で当たり前のようにいわれる
「生理不順・生理痛・PMS・無月経」などの生理トラブルは、

あなた(女性)の
心と身体のSOSなのです。

 

もし、

痛みのない生理
ストレスのない生理
定期的な生理サイクル
が実現すれば・・・

イライラ・モヤモヤ・肌荒れ・ストレス食べ
などが減り、だるさ・倦怠感なども減るのです!

女性にとって、

「生理=不快」ではなく、

「生理=心と身体が生まれ変わる毎月の大掃除」

 

その大掃除の時に、痛みや、だるさに悩まされ
上手に身体のお掃除が出来なかったら・・・

身体のめぐりが少しずつ滞ってしまいます。

 

身体の月一通信簿

毎月の大掃除(生理)を「不快」「煩わしい」と思う原因は
一体何がそうさせるのでしょうか?

上記でもお伝えしていますが、
「生理」は毎月の身体の大掃除です。

 

そんな大切な大掃除が上手にできない原因を
考えたことはありますか?

 

身体の大掃除ができない原因を
今回、オリジナルのチャートを使って
あなたの身体をクリアにします。

チャートによって導き出した答えをもとに
あなたに合ったお掃除方法を見つけていきましょう。

毎月の生理はあなたの「月一通信簿」です。

 

 

子宮のSOSを見逃さないで!

今のあなたの、

「現在の体調」

「生理前の体調」

「生理中の体調」を振り返ってみてください。

 

【現在】

お腹周りが冷たいお尻が冷たい
下半身全体触ると冷たい・・・

【生理前】

頭が痛くなる。
お腹が痛くなる
イライラする
食欲が増す
甘いものが急に欲しくなる
急にやる気がなくなる
昼間に眠い
急に便秘になる
肩・腰が痛くなる。
肌が荒れる。

【生理中】

生理の時、塊が出る
生理2日目が重い
おなか周りが冷たい
お薬が手放せない
ダラダラ生理が一週間続く。もしくはそれ以上

 

当てはまる項目がひとつでもあるなら、

子宮が「冷えている」or「ズレている」可能性があります。

 

毎日の食生活、生活習慣、ストレスなどが
子宮や脳を苦しめている事もあります。

まずは、あなた自身があなたの身体を知ることが大切です。

 

このセミナーで得られる事

 

このティーセミナーでは、

私、子宮小町アドバイザーが開発した漢方茶を飲みながら、
リラックスした空間で子宮について学んでいただきます♡

 

どんなことが学べるのかというと・・・

◉自分の体質がわかります!
◉生理痛・PMSの何が悪いのか?がわかります!
◉自分の骨盤の状態がわかります!
◉オリジナル漢方茶の試飲・自分に合う漢方茶がわかります!
◉今日から使えるセルフケアを伝授します!

 

女性としてもっと毎日を楽しむためにも。
将来のためにも。
自分自身の身体にフォーカスしてみましょう

今の自分の身体を立て直すきっかけにしませんか?

 

 

子宮と向き合い人生が変わりました。

 

こんにちは!

正しいセルフケアで女性の身体・子宮を癒す
指導・サポートしております。
子宮小町アドバイザー 吉本悠由子(よしもとゆうこ)です。

 

20年間に及ぶ生理不順

私が子宮小町として
活動するきっかけになったのは

20年間に及ぶ「生理不順」でした。

この20年間は、お薬を飲まないと
生理が来ない状態だったので、
10代の頃から婦人科通い。

でも、10代、20代前半の私は
遊びや趣味のサーフィンに夢中で
「生理」なんて来ない方が楽!! 

「お薬を飲んで生理が来るなら、たまに病院行けば良い。」

と勝手に決めつけ、

自分が生理をコントロールしてる
と思い込んでいました。

今思えば女性だと言うことも放置していたと言うことです。

 

不妊治療で自分の身体を知る

その結果、吹出物は治らない。

20代前半には、ホットフラッシュを発症して、
「若年性更年期」と診断された。

ホルモンバランス崩してヒゲがはえる!!

挙げ句の果てには、

30歳で「不妊症」と診断され、

不妊治療や体外受精もトライしたが、
身体も心もボロボロになってしまった。


不妊治療を経験して、

周りからは「赤ちゃん欲しいハズなのに顔色悪くて病人みたい」と言われ、

自分が健康でない事に気づく。

冷えてる身体に治療しても、
良い結果が得られない。
と思い、

まずは、自分の身体を健康にしようと勉強を始めました。

 

確信に変わった学び

さまざまな勉強をしている中で、

タイの伝統医が教えていて、

タイの助産師が行なっていると言う
「子宮セラピー」に出会い、

タイでその手技を、学んできました。

 

その助産師からは、

「日本へ帰ったらすぐ病院へ行って!何か子宮に異常を感じる。」と言われたが、

その時は生理不順で3ヶ月生理が来ていない事を告げ、
毎日施術をしてもらっていました。

すると、帰りの羽田空港で驚きの出来事が

なんと、薬を飲まずして生理が来たのです。

とても感動しました。

 

お薬に頼る以前に、
あくまで自分の身体のこと

身体の内側をしっかりケアすれば、
生理不順も、生理痛も無くなることを実感。

女性の身体は特に神秘的だが、

しっかり子宮をケアして身体を温めることが、
自分を大切にする一番近道だと実感しました。

 

365日ご機嫌でいられる身体と心をサポート

働く女性たちの多くは「冷えて」います。

生活習慣、食生活、ストレス・・・
さまざま要因はありますが、

そもそも「女性のからだ(=子宮)」のことを知らなすぎる!!!

だから、間違ったライフスタイルや習慣を
続けてしまうのです。

 

生理痛・PMSは当たり前じゃありません。
生理不順を身体のSOSだと、ちゃんと受け止めて欲しい。

妊娠、出産、更年期・・・と
すべて「子宮」が関わってきます。

「子宮」について正しい知識を得ることで、

女性の人生のリズムを上手に理解し、
ご機嫌にコントロールすることができるのです♡

 

日本全国の女性が、

もっとしなやかに美しく
シゴトも、プライベートも、人生も楽しめるように!

子宮について届けていきます!!!

 

 

日本女性の約7割が悩んでいる「冷え性」

あなたの身体の何らかの不調は、

もしかしたら、身体の「冷え」が原因で
起きているかも知れません。

 

もしも冷え性が本当に改善されたなら・・・

・寝つきも良くなってぐっすり寝れる
・薄着してオシャレも楽しめる
・肌つやも良く素敵女子でいられる
・仕事もイキイキできるって

ってことが実現できるなら

冷えの改善をするっ!!と本気で思うものです。

 

しかし、実際は?

△冷え対策のグッズを使ったり
△マッサージなどをして、体の外から温めてみる
△とにかく生姜を食べる

など身体を温める食べもので改善しようとしても、
全然改善されない!!

結局冷えは改善できない。。。

本音は皆さんそう思うのかも知れません。

 

ですが、ちょっと待ってください!!
皆さんが言う、「冷え症対策をしています」は、
ほんの一部にしか過ぎないと言うことです。

私がお伝えしたいことは、

日常生活で、皆さん自身が結構な割合で
冷えの原因を作ってしまっている

と言うことなんです。

 

ティーセミナーではそんな
根本原因を見つけ出していただきます♡

 

女性の約9割が経験しているPMS

最近ではPMSで悩む女性が多くいます。
私のお客様でも大半の方が悩んでいらっしゃいます。

PMS(月経前症候群)は早ければ
10代から感じる人も多く

対処方が解らなければ、

閉経を迎えるまでの約40年間続く事になる。

 

自分の体調を把握出来ず、ケア方法もわからないと言う事は、

長期間、生活の質が落ちると言う意味では

毎月のトラブルと言うものは、
無いに越したことがありませんよね!!!

 

さらに、男性のPMSに関する認知度と言うのは、
約1割程度が現状です。

女性も働くことが当たり前になってきた近代では、
男性の理解や協力も不可欠な時代だと思います。

また、女性たちも下手に無理をせず、忙しさを言い訳にせず
自分の身体と向き合い、日常的なセルフケアを心がけて行くことも大切です。

 

妊活と不妊治療

日本では、不妊治療を受けている患者数が世界で第一位にも関わらず
その治療による出産率は世界最下位。

それでも、治療を望む患者さんは今日も増え続けています。

30代から40代の妊活中女性の5人に1人は
「不妊治療中」と言うデータもある程です。

そして、「不妊」と言うと女性ばかりにフォーカスしがちですが
男性にも原因はあります。
近年パソコンやスマホの使用が増え
いつでも、何処でも仕事ができるようになったり、
スマホでゲームをしたり、検索したりすることが増え、
不規則な生活が当たり前になりつつあります。

それが、男性の精子を弱らせている原因の一つであることも
忘れないでください。

妊活女性の多くが取り組んでいる方法として
「身体の冷えを防ぐ」「食生活の改善」などがあります。

また、いつから妊活は始めたらいいの?と言う質問も多くありますが
もちろん、早いに越したことはありません。

妊活と言う目線からではなくても
女性として、身体が冷えていたら、何らかしらの「不調」を伴います。
妊活の必要がないから、冷えていても関係ないは絶対無いです。

日常生活の中で、身体に与える影響は
色々あります。
毎日の生活スタイルから、身体を冷えから防ぐ方法を身につけて行くことが
不妊治療にも、出産にも耐えられる身体作りの
一番の近道だと思います。

 

このような方におすすめです。

生理痛で毎月お薬に頼っている方

生理不順で悩んでいる方

PMS生理前につらい症状がある方

冷え性でお悩みの方

便秘でお悩みの方

更年期の症状でお悩みの方

体質改善したい方

産後のママ

ダイエットしてもなかなか効果が出ない方

将来的に赤ちゃんが欲しい方

現在では妊活している方

おっぱいが冷たい・硬いと感じるかた

健康的に美しくなりたい方

 

このような方の中で、

「自分(女性として)の身体や心について
 ちゃんと理解したい!」

「女性の人生を支える
 子宮についてきちんと学んでみたい!」

という方におすすめです♡

子宮小町ティーセミナー詳細

■日時

2019年1月26日(土)13:00〜15:00
2019年2月9日(土)13:00〜15:00
2019年2月23日(土)13:00〜15:00

■会場

イスト・ヴィレッジ内サロンルーム

JR総武快速線「馬喰町」駅 徒歩3分
都営新宿線「馬喰横山」駅 徒歩3分
都営浅草線「東日本橋」駅 徒歩6分
日比谷線「小伝馬町」駅 徒歩6分
JR山手線・京浜東北線・総武線・つくばエキスプレス・地下鉄日比谷線「秋葉原」駅 徒歩8分
JR山手線・京浜東北線・中央線・地下鉄銀座線「神田」駅 徒歩10分

アクセス詳細
https://www.ist-village.com/access/

■費用

3,000円(税込)

※お申込み後5営業日以内のお振込をお願いします。
※お席の確保は、お振込完了順となりますのでご了承くださいませ。

 

更新日:

Copyright© 子宮小町アドバイザー|生理痛、生理不順、冷え性に悩む女性のための体質改善のヒント , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.