生理痛、生理不順、PMS、妊活、冷え性、ホルモンバランスに悩む女性のための今日からできる体質改善・生活習慣・食生活のヒントをお伝えしているブログ。

子宮小町アドバイザー|生理痛、生理不順、冷え性に悩む女性のための体質改善のヒント

吉本悠由子プロフィール

 

生理痛・生理不順・PMS・冷え性に悩む女性へ
365日ご機嫌でいられるココロとカラダづくり
「子宮小町プログラム」子宮小町アドバイザー
吉本悠由子(よしもとゆうこ)

 

外側のケアより内側ケア。
間違ったセルフケアをしないためにも、

女性ホルモンに振り回されるのではなく、
女性ホルモンを味方につけて、

365日あなたらしくいれる心と身体を作る
指導・サポートしております。

私は、もともと普通のOLで、
趣味はリラクゼーションサロンへ通うこと。

外食もジャンクフードも大好き、
何よりもお酒が大好き!

毎晩友達と飲み歩き、
不規則な生活を繰り返していた時もありました。

「冷え」や「健康」情報に、
関心はありましたが、
どこか「人ごと」。。。

「私は健康」
「美容にも気を使っているイマドキ女子」
と勝手に思い込んでいました。

そんな普通のOLだった私が、
なぜ子宮セラピストになったのか?

それは、
「20年間来なかった生理がきた」
ことがきっかけでした。

学生時代から、生理不順だった私は、
「不順である事」に気にも止めず、
部活や当時趣味だったサーフィンに夢中になり

「生理なんて来ない方が楽」と。
ずっと思っていました。

そのまま、高校、大学と進学し、就職。
もちろん「生理不順」は改善するどころか、
1年来ないことを放ったらかしにした時期もありました。

流石に「まずいな・・・」と感じ、婦人科へ。

お薬を処方していただき
「むりやり」生理を来させていました。

そんな中、20代後半に結婚をし、
普通に「子供が欲しいな」と考えていました。

が・・・
当然のごとく、自然には授からず。

それは

「生理が来ていない」という事が
一番の原因でした。

旦那さんには、何の問題もないのに・・・

私が生理をほったらかしにしたばっかりに・・・

何で、もっと早く治療しなかったんだろう・・・

と、何度も自分を責めました。

そこから暗黒の「不妊治療」時代
が始まりました。

私の場合は、排卵がしにくい、
PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)と診断されていました。

早く「赤ちゃんが欲しい」という
焦る気持ちだけが先行し、
結果、急ぐ治療に。

自分の身体や心の状態などは、お構いなし。

ただ単純に
「不妊治療をすれば赤ちゃんを授かれる!
だから何でも頑張る」そんな思いで、
必死だったんだと思います。

そんな状態が長く続き、やがて、
お薬の副作用でお腹に腹水が溜まり、
妊娠していないのに妊婦さんに間違えられたことも。

身体が悲鳴をあげているのか、
今まで起きたこともない、
生理痛やPMSで寝込む事もありました。

そして、繰り返される治療のリセットに、
次第に心も折れはじめ、
気付くと自然と泣いている自分がいました。

治療をお休みしてる時でも、
「顔色が悪いね」と家族や友達に心配される、
そんな日々が続きました。

「赤ちゃんが欲しかった」はずが、いつしか
「わたし、何で不健康になっているんだろう?」と気付いたのは
治療を始めて、3年くらい経ったときでした。

顔色は悪い。
何だか身体はいつもどこか怠い。
体力がなくなっている。
いつもお腹や手足が冷たい。

自分の身体も心も全く健康じゃないのに、
「妊娠」なんて出来ないんじゃないか?
と、思えた時でした。

そこから、一度治療から離れ、
「自分が元気になること」
を始めていこうと思いました。

治療中から、自分の身体の冷えについて、
自分なりに調べて、
「冷え」や「子宮」の勉強をしました。

また、OL時代から好きだった
リラクゼーションサロンに通ったり、
ヨガを始めたり、アロマの勉強をはじめたりしました。

その頃、久し振りに会う友達から
「元気になったね」
「治療している時より顔色が良いよ」
などと言ってもらえるようになりました。

そんな折、「子宮セラピー」と出会い、
瞬時に「私がやるべき事ではないか?」と
すぐに行動したことを今でも覚えています。

「子宮セラピー」を学ぶべくタイまで赴き、
毎日、「子宮・子宮ケアについて」学びを深め、

自分の身体とも向き合うことで、
「子宮セラピー」を体得しました。

身体を芯から温める「子宮セラピー」を
実際に、何度も何度も受けて身体に刷り込みました。

そして、
ある嬉しい変化が起こりったのです!!

タイから帰国した直後の羽田空港で

“自然と”生理がきたのです!!

タイを出たあとの機内でも、
胸がはったり、下腹部が重かったりと
考えてみれば、
あれは生理前の症状だったんだと
後から気付きました。

薬を飲むことで
「むりやり」来させていた生理が
20年目にして、「自然」に来たこと。
まさに驚きでしかありませんでした。

子宮セラピーを学び、その後、
実際にそのセラピーを集中的に受けた事で、
身体が反応してくれました。
その結果、自然に生理が来たんです。

身体は、元来、とても正直です。

冷える行為・行動をすれば身体は冷えていきます。
ですが、冷えのことを、身体のことを
理解した上で、「子宮セラピー」を受ければ
身体は温まっていきます。

ちゃんと身体は反応してくれます。

20年来「生理不順」で苦しんだ私の体験、
それとそのお陰で出会うことが出来た「子宮セラピー」

そこで培って来た知識を
現在は、以前の私のように
生理痛・生理不順・PMS・冷え性に悩む女性へ
自信を持ってお伝えしています。

・不妊治療で頑張っている方々
・今後妊娠を希望されている方
・生理痛、生理不順、PMSで悩んでいる方々
・生理をそろそろ卒業される方々

私たち女性は「女性ホルモン」によって
心も身体もコントロールされてしまいがちです。

「女性ホルモン」を味方に付けて、
身体を温めていくことで、いつでも、どんなときでも
365日自分らしくご機嫌にいられる
心と身体づくりをサポートしていきます。

カラダは正直です♡
ぜひ一度相談にいらしてくださいね。

詳しくは、「子宮小町」で検索してください。

更新日:

Copyright© 子宮小町アドバイザー|生理痛、生理不順、冷え性に悩む女性のための体質改善のヒント , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.